正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小児喘息に有効的なビタミンCとビタミンE

sponsored link

喘息の発作が起こると、吸う息より吐く息が苦しく、
ゼーゼーヒューヒューと、今にも息が止まりそうになる。

真夜中から明け方にかけて、
強烈な発作に見舞われるのが喘息の特徴である。

 

喘息の原因

喘息は、幼児から就学年齢に達するころ現れるが、
専門家のあいだでも定義は一定していない。

原因も心因性、自律神経失調、ホルモン異常、
アレルギー性といろいろあり、遺伝や素質も重く見られている。

 

喘息の対策

心因性については、平滑筋のけいれんを抑えるという点で
ローヤルゼリーが有効だが、
アレルギー性の場合はビタミン C が効果的とされている。

ビタミン C は副腎皮質ホルモンの分泌を良くし、
アレルギー反応の引き金となる
ヒスタミンの活動を抑えるからである。

 

ビタミン C にはまた、
ビタミンAやビタミンEの吸収を良くする相乗効果もあるので、
柑橘類、果実類、生野菜、豆類、レバー、ベーコン、タラなど、
いろいろと混ぜて与えることが必要となる。

しかもビタミン A は、粘膜を保護し強化する作用、
ビタミン E には、血管を拡張し血行を良くする作用がるため、
喘息の発作を抑え、荒れた気管支の粘膜を修復してくれる。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク