正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

荒れ狂う水の情報。あなたに合った水の取り扱い方

sponsored link

水の情報が世間で荒れ狂っている。

いったい全体なにが正しいのか、かなり不透明である。

「テレビや新聞がそう言った。
権威ある大学教授や医師や専門家がそう言った」

社会生活を続けていると、
マスコミ・権威・周囲の情報などに
自分の生き方や考え方が飲み込まれてしまうものである。

それは仕方のないことだろう。

 

ただ、ここで一言だけ主張させてもらう。

「私たちの体は、宇宙に出掛ける近代科学や
超高性能最新鋭機器を備える近代医学と比べ、
遠く遥かに優れている。
それはまさに、超高感度センサーなのである。」

 

あなた自身が健康になり、その健康維持できる「水」こそが、
あなたにとって”よい水”なのである。

これは、どんな理論をもってしてもあなたの体には適わない。

その証拠に、
それを取り上げたテレビや新聞の関係者が健康だろうか。

権威ある大学教授や医師や専門家たちは健康だろうか。

そんなことはないのが現実である。

 

 

正しい水の取り扱い方

ここで少し、水を選択するときのアドバイスを行わせてもらう。

 

〇〇の名水だから・・・ということで、
ポリタンクで持ち帰る姿をよく見かけるが、
生水で飲用可能ならその場だけで楽しむこと。

持ち帰りはかなり危険である。

 

水質分析で、ある物質(例えばカルシウム)が
たくさん入っているから〇〇に良い、という話をよく聞く。

しかし、栄養摂取バランスがとれていないと
体内にうまく吸収されない。

だが確かに、特殊な物質だけ大量に摂取することで
体に変化は起きるが、それは決して良いことばかりではない。

 

水道水の遊離塩素が体に悪いので、
沸騰して塩素を飛ばし湯冷ましするのが一番というが、
それを実践すると体は酸欠状態を訴えてアクビが多くなる。

生水の重大さをじっくり味わってほしい。

 

きれいな水がよいというので浄化能力を競っているが、
生き物にはきれいな水は禁物である。

危険のない程度まで毒を摂り除ければ十分である。

 

細菌にこだわりすぎているが、細菌も生き物である。

生き物も住めない水が、なぜ良いのかはわからない。

細菌に負けない健康な体になることが肝要である。

 

植物にも動物(もちろん人間にも)にもよい水。

こんな万能の水があるのだろうか。

ひとつに良いとなると次にも良いという事例が出て、
三つ四つ重なる内にいつしか万能の水になる傾向がある。

だが残念ながら、地球上に万能の水はない。

 

 

水は用途によって使い分けるべきである。

それぞれの特徴を生かしてほしい。

そのほか、「酸化還元電位が・・・」、「アルカリだから・・・」など、
ひとつの事が水のすべてのような表現があるが、
水はいろいろなもの(役者)が作用(演技)する場所(舞台)である。

主役だけでは舞台が生きない。

舞台だけでも役に立たない。

役者全員が、
よく仕上がった舞台で演技することが「健康」なのである。

アルカリイオン水は、それに近い水である。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク