正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンD過剰症と欠乏症は厄介,ビタミンDを多く含む食品

sponsored link

ビタミン D というのは、実に厄介なビタミンである。

山陰、北陸、東北、北海道など、
冬のあいだ日光に恵まれない地方に多い”くる病”が、
ビタミン D の欠乏症である。

これは、ビタミンDが植物性食品には全く含まれておらず、
ごく一部の動物性食品やシイタケにしか
含まれていないからである。

 

普段、食品中のビタミン D だけでは、
なかなか所要量を満たすことは難しい。

このため、 デヒドロコレステリン、エルゴステリン
という物質(ビタミンDの前駆物質)が皮膚の表面に分泌され、
これが紫外線の照射を受けてビタミン D になり、
再び吸収されて不足分を補っているのである。

 

 

ビタミン D の主要な働きとして、
カルシウムやリンの小腸からの吸収を助け、
骨や歯の発育を促進するといった作用がある。

食品からとり込まれ、小腸から吸収されたビタミンDは、
皮膚、脳、骨、脾臓などに分布され、
一部は肝臓に貯蔵される。

また胆汁が加わることで、
腸からの吸収が良くなることもわかっている。

 

 

ビタミン D の必要量は、男女とも0~6歳で1日400IU、
6歳以上で1日100IUとされている。
(1UIは0.3マイクログラム)

 

 

ビタミン D 欠乏症

ビタミン D欠乏症の代表的なものが、
くる病であることは最初に述べたとおり。

これはビタミン D の不足によって、
カルシウムとリンの代謝障害が起こり、
骨の石灰化に異常が生じ、骨の成長が悪化する病気である。

 

通常、紫外線の少ない所で生活する人とか、
ビタミン D の欠乏した食品をとっている人に多発する。

日本では先にあげた地方に多く、
年齢的には生後3ヶ月から3年までの、
特に人工栄養児に多いとされている。

 

症状としては貧血、不機嫌、
顔色が蒼白で顔に汗をかいていることが多く、
肋骨の一部が数珠玉のように膨れ上がっており、
歯の生え方も遅く、頭蓋骨の合わせ目が
いつまでも柔らかいままになっている。

また、毛足の骨が曲がって
O 脚(左右の膝頭が外側に弯曲している)や
X 脚(左右の膝頭が内側に弯曲している)の
症状がみられる幼児もある。

 

治療法としては、ビタミン D を
大量(一日に1500~5000IU)に与えることによって、
効果がでることがあるといわれている。

人工栄養児は、ビタミン D が不足がちになるので、
摂取することが大切である。

 

 

ビタミン D を多く含む食品と過剰症

ビタミン D を多く含む食品には、
肝油をはじめ、タマゴの黄身、牛乳、バター、
魚肉(イワシ、サンマ、サバ、カツオ、ブリ)、
生シイタケなどがある。

 

また、ビタミン D にも過剰症がある。

必要量の500~1000倍くらいを連続的に摂取していると
吐き気、食欲不振、下痢を引き起こし、
また、大動脈や心臓、腎臓などに
カルシウムが異常に沈着することがあるため、
これらの内臓器官にいろいろな障害が生じる。

ビタミン D の過剰症は、
他のビタミン過剰症に比べ最も深刻なものなので、
毎日魚を食べている人で尿が濁ったら、
すぐに医師の診察を受けるようにしたい。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク