正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンB12欠乏症の症状とビタミンB12を多く含む食品

sponsored link

ビタミンB12は、もともと肝臓から葉酸以外の
抗貧血作用をもった因子として発見されたものである。

そのビタミンB12の働きは、成長、増殖、造血などに関係し、
葉酸とともに悪性貧血に著しい効果がある。

体内では、大部分が補酵素の形で肝臓に蓄えられていて、
核酸、主に DNA(デオキシリボ核酸)の合成には
欠くことのできない重要なビタミンである。

 

ビタミン B12は主に、
小腸の回腸というところで吸収される。

その吸収率は、
内的因子とよばれるタンパク質によって大きく左右される。

内的因子というのは、胃液の中にあって、
ビタミンB12を保護している成分で、
胃液の分泌と並行して増えたり減ったりする。

 

したがって、内的因子のタンパク質が不足すると、
いくらビタミンB12を摂っても吸収されない。

このために悪性の貧血を起こすのである。

 

また、胃潰瘍や胃ガンなどの手術をした場合にも、
同じような理由で悪性貧血がみられることがある。

このようにビタミンB12の欠乏症の症状としては、
悪性貧血があげられるが、
このほか造血機能が悪化して、成熟した赤血球がつくられず、
そのために巨赤芽球性貧血といって、
症状的には舌にかなりひどい炎症が現れる。

こんな症状がみられたら、
ビタミンB12を注射する必要がある。

 

食品から摂る場合には、次の食品に多く含まれている。

 

 

ビタミンB12を多く含む食品

ビタミン B12は主として、
レバー、魚、鶏肉、シジミ、アサリなどの貝類、
タマゴ、牛乳といった動物性食品に多く含まれ、
植物性食品にはあまり含まれていない。

このため、極端な菜食主義者は、
ビタミンB12欠乏から、悪性の貧血を起こすことがある。

 

ビタミンB12の成人の一日当たりの必要量は、
1ガンマー(100万分の1g )程度で十分とされている。

 

 

また、ビタミンB12が不足すると肝臓病を引き起こしたり、
さらに肝臓病になってしまうことで、
ビタミン B12の体内利用が悪くなる。

私の友人にも、
「動物性タンパクはいっさい摂らない」
という極端な菜食主義者がいるが、
これが原因で肝障害を起こし、
1年間も入退院を繰り返していた。

 

この例が示すように、日本人は
誰かが「菜食がよい」と言いだすと、それを鵜呑みにして、
一方的に偏重するきらいがあるのだが、
栄養は常に広くとることを心掛けるべきである。

 

最近は特に、中年以降の女性が肥満を気にして、
動物性タンパクを拒絶しているようであるが、
そういう人は、次のような症状が現れたら、
さっそく内科医で肝機能を検査してみるとよいだろう。

・舌が腫れて痛む
・貧血がひどい
・肝機能低下

 

なお、肝機能低下には、昔から民間療法として、
シジミの味噌汁が知られている。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク