正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンAを多く含む食品の過剰摂取が招く過剰症

sponsored link

ビタミン A の存在は、古代エジプトの時代から、
夜盲症(とり目)に効くとして知られていたといわれるが、
医学史上に登場したのは1913年のことである。

米国のウィスコンシン大学のマッカラム博士が助手時代に、
牛のエサの中に動物の成長因子があり、
これを脂肪に溶けるA因子と、水に溶けるB因子に分類した。

 

そして脂肪に溶ける最初に発見された因子ということで、
ビタミン A と命名された。

それ以来、発見の順にB、C、D・・・と命名されている。

このようにビタミンAは、歴史的にはビタミンの元祖といえる。

 

 

ビタミンAとカロチンの違い

ビタミン A は、動物性食品では
最初からビタミン A として存在しているが、
植物性食品にはカロチンとよばれる物質として存在し、
これが体内に取り込まれることでビタミン A に変化する。

 

ビタミン A の働きとして、動物の成長を促進し、
皮膚や粘膜組織を保護し、
視力を正常に保つといった作用がある。

 

カロチンは小腸の上皮細胞でビタミンAとなって吸収されるが、
カロチンの吸収は悪く、
その吸収率は食物に含まれるカロチンの30~40%で、
一般にビタミン A の3分の1とされている。

しかし、胆汁や脂肪が存在すると吸収率がよくなり、
その大部分は肝臓に蓄えられる。

 

肝臓に蓄えられたビタミン A は、
RBP(レチノール結合タンパク)という
特殊なタンパク質によって、体内の各組織に運ばれる。

したがって、ビタミン A やカロチンは、
脂肪やタンパク質といっしょにとると、
効率もよくなるというわけである。

 

 

ビタミン A過剰症の症状

いま私たちの生活において、普通の食事をとっていれば、
ビタミン A 欠乏症を心配する必要はない。

それよりむしろ、取り過ぎからくる
ビタミン A過剰症のほうが問題である。

 

ビタミン A は、水に溶ける B や C と違って脂溶性のため、
摂取しすぎると体内に蓄積される。

なので長期にわたってビタミンAを大量に摂取していると、
体がだるくなる、眠くなる、イライラする、
ひどくなると頭痛・吐き気がする、といわれている。

 

 

ビタミンAやカロチンを多く含む食品

動物性食品:
牛や豚のレバー、ウナギ、タマゴの黄身、バター、チーズなど

植物性食品:
ニンジン、ホウレン草、大根やカブやシソの葉、ネギ(緑の部分)、
カボチャ、ミツバ、ピーマン、パセリ、海苔など

 

 

ビタミン A の成人一日当たりの必要量は、
男子2000IU、女子1800IUである。
(1IUは、0.3マイクログラム)

なお、ビタミン A の一部をカロチンで摂取する場合は、
カロチン3IUがビタミンAの1IUに相当するとされているが、
具体的な数値は示されていない。

これは、カロチンは調理方法によって、
その吸収率が大きく変動するためであろう。

 

また同じ野菜でも、季節はずれのハウス栽培ものは、
露地のものに比べ、
各ビタミンの含有量は半分以下といわれている。

こうなると、栄養素の含有量計算はますます難しくなってくる。

 

なお、ビタミン A を50000IU 以上、
これを長期にわたって摂取し続けると、
過剰症になるといわれているが、
カロチンの場合にはには過剰症が存在しない。

ミカンなどを一度に大量に食べると、
皮膚が黄色くなることがあるが、
これは一過性のものなので心配はない。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク