正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランス脂肪酸は有害、4タイプのマーガリンを解剖

sponsored link

ヘルシーメニューを頭に描いてみると、
必ず野菜サラダが出てくることだろう。

しかし、生野菜はそのままでは口当たりが悪く、
多くは食べられない。

特に子供たちは一般に生野菜が苦手である。

 

そこでよく、サラダにマヨネーズをかけて
食べやすいようにする。

野菜サラダやポテトやゆで卵にいたるまで、
マヨネーズはよく合うのだが、
このマヨネーズの7割は油であることはご存知だろうか。

 

また、サラダにドレッシングをかける人も多いと思うが、
ドレッシングにしても水分を除けばほとんど油である。

 

 

これらに使われている原料は大豆油や卵など、
どれをとってもαリノレン酸/リノール酸比の低いものばかりである。

そして、これらがリノール酸摂取量を
押し上げている主役であると言っても過言ではない。

 

 

かつてあるテレビ番組で、「マーガリンが健康食品だ」
というような取り上げ方がされていた。

おそらくバターよりコレステロールが少ないので、
健康に良いという意味だったのだろう。

 

 

ホテルで洋式の朝食をとると、
たっぷりとマーガリンをぬったトーストが出る場合がある。

パン食が増えると、やはりマーガリンがよく使われる。

ジャムは甘いためか、太ることを気にする女性が、
ジャムよりマーガリンを好むという不思議な話も珍しくない。

 

 

現在、マーガリンほど
栄養学的に多様な問題を含んでいるものはない。

 

 

4タイプのマーガリン

主原料に基づいて、
マーガリンを4つのタイプに分けて考えてみる。

タイプ①
植物油を部分的に水素添加して得られる
「水素植物油」を主原料とするもの。

タイプ②
主に業務用として使われ、
水素添加した魚油を主原料とするもの。

タイプ③
製法を改良し、植物油そのものを主原料としているもの。
(特にリノール酸含有量の高いものが多い)

タイプ④
タイプ③と似た製法によるが、αリノレン酸含有量の高いもの。

 

 

タイプ①:トランス脂肪酸型のマーガリン

タイプ①の問題点を考えてみる。

植物油は一般的にリノール酸が多いので、
常温で液体の状態である。

これをマーガリンにするには、固くする必要がある。

そこで、リノール酸の二重結合のところに水素を付加すると、
飽和脂肪酸になることで固くなる。

 

ところが完全に水素を付加してしまうと、
固くなりすぎて食用には使えないので、
部分的に水素添加して、
ちょうどよい固さのところで反応を止める。

すると二重結合が1個残るのだが、
二重結合の形が変わってしまう。

普通の脂肪酸の二重結合はシス型というが、
部分水素の結果残るものはトランス型というものになる。

 

このような天然にない脂肪酸から作られているのが、
タイプ①のマーガリンなのである。

この水素植物油は、
他にもコーヒー用のミルクやケーキなど、
多様な用途に使われており、
先進国ではその消費量がうなぎのぼりに増えている。

 

トランス型脂肪酸をたくさん摂取しても、
健康に影響を与えないかどうか、
という点は学会での長いあいだの争点で、
今だに決着がついていない。

 

そんな中ドイツでは、「疑わしきは使用せず」の考えから、
トランス型脂肪酸を含まないマーガリンに切り替えている。

しかし日本ではまだ結論が出ておらず、
問題なしとする論文も出されている。

しかしこの論文では、
せいぜい1ヶ月くらいの投与で脂肪酸分析をして、
大きな影響がないと結論したものであり、
とうてい安全性確認したものではない。

 

脂肪の栄養の問題は、
あくまで長期摂取の影響を評価しなければならない。

長期に摂取させて予期される慢性疾患が増減するか、
あるいは寿命に及ぼす影響はどうか、
というような長期の動物実験が必須なのである。

 

1億の民の健康を左右する重要な問題に対して、
わずか1ヶ月の投与実験では、あまりにも無責任すぎる。

なので現状では、このタイプのマーガリンの摂取量は、
なるべく少なくした方がよいと考えられる。

 

 

タイプ②:業務用マーガリン

タイプ②のマーガリンは魚油マーガリンとよばれるが、
スーパーなどには出てこない。

業務用としてホテル、レストランといった店舗で使われる。

 

この魚油マーガリンにはトランス型ということ以外に、
もうひとつの問題が加わる。

魚油はEPAのほか、DHAを多量に含んでいる。

 

これを水素添加すると、
長鎖オリゴエン酸がたくさん出来上がってしまい、
問題が発生する。

心臓に蓄積して心臓疾患の原因になるかもしれず、
あるいは、ペルオキシゾーンムという細胞内小器官を誘導して、
活性酸素を増やすかもしれないのである。

 

ただし、これらはまだ完全に証明されてわけではない。

それに、必須脂肪酸バランスの問題よりは、
はるかに影響が少ないだろうと思われる。

これらは、飽和および一価不飽和脂肪酸と同様、
摂取過剰が最大の問題であろう。

 

 

タイプ③:一番有害なマーガリン

タイプ③のマーガリンは、
まさにリノール酸信仰によって生まれたものである。

リノール酸が63%もそのままの形で含まれているのに、
液状ではなくマーガリンの固形状をしているのは驚きである。

これほど油脂業界の技術は高いのである。

 

確かにこのようなマーガリンは、
血漿コレステロールを下げるのに有効であろう。

しかし残念なことに、”血栓性を上げるとか発ガン性を上げる”
という副作用があることがわかったのだ。

 

さらにリノール酸の摂取量を増やすことによって、
多くの慢性疾患の症状を重くし、
発症率を上げる結果となることは以前述べた通りである。

この種のマーガリンが、
現在のような食事では栄養的に一番悪いといえる。

直ちに脂肪酸組成を、
タイプ④のように変えてほしいものである。

 

 

タイプ④:一番安全なマーガリン

タイプ④はタイプ③マーガリンの製法に従って、
αリノレン酸の多い食用油から作ったものである。

栄養的には最もすぐれている。

十分使用に耐えるくらい酸化に対する安定性を持っているが、
まだあまり広まっていない。

適当な価格で簡単に入手できるようになってほしいものである。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク