正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シミ・ソバカスの原因、肌の調子を狂わす活性酸素

sponsored link

紫外線に当たりすぎるとシミやソバカスが増えてしまう・・・
これは、女性の方なら誰でも知っていることだろう。

 

真夏に水着姿になって、海辺で身体を焼く・・・。

一見、健康そうに見えるこの行為は、
皮膚の健康を保つ上では推奨できない。

女性としていつまでも若々しくありたいのなら、
身体を焼いたり、太陽の下を歩いたりすることは、
控えたいところである。

 

しかし太陽の光に当たらないと、
くる病という病気にかかってしまうので、
適度な日光浴は日常生活において欠かせないものである。

だが今や、オゾン層の破壊によって
紫外線が増強されてしまっているので、
長時間太陽の光を浴びることは非常に危険。

シミやソバカスの発生にとどまらず、
皮膚ガンの発生にも繋がってしまう。

 

美貌を気にする女性はもとより、男性にとっても、
長く太陽の光を浴び続けることは厳禁となる。

 

シミやソバカスは、私たち人間が直接見ることのできる
身体のサビである。

もちろん、鉄のサビのようにこすっても、
ボロボロと落ちることはないが。(笑)

 

「シミやソバカスが錆びであるということは、
シミ・ソバカスの原因は活性酸素の仕業?」
・・・このように思ったなら、あなたはかなり優秀。

また、シミやソバカスはもちろんだが、
実は老化も活性酸素によって引き金が引かれている。

 

 

水分子が紫外線によって活性酸素に変化する

では、シミやソバカスの形成に、
活性酸素がどのように関与しているのだろうか。

 

肌に紫外線が当たると、表皮にある水分子が破壊される。

厳密にいえば、「電子的に非常に不安定な状態になる」
ということになるのだが、これは、
活性酸素が発生する一歩手前の段階である。

そしてやがて水分子は活性酸素に変化して、
肌にサビをまき散らすことになる。

 

活性酸素に変化するのは、酸素だけではなく、
私たち人間の肌にある水分もまた、
太陽などの紫外線を受けることによって、
活性酸素になってしまうということである。

 

そして活性酸素のこうした暴走を食い止めようと、
メラニンという色素が迎えてくれるのだが、
両者の戦いの跡がシミやソバカスとなって残ってしまう。

 

ここで
「シミやソバカスができずに、
活性酸素が暴走したらどうなるの?」
との疑問も浮かんでくるかもしれない。

メラニンという色素が、活性酸素と戦ってくれなかったら、
活性酸素によって錆びてしまった肌がさらに活性酸素を生み、
健康な肌をどんどん破壊してしまうことになる。

 

なお、シミやソバカスは肌だけでなく、
心臓の筋肉や脳の細胞の中にもあらわれる。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク