正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

玄米の農薬や放射能物質、フィチン酸が危険性を除く

sponsored link

「玄米は栄養価が高いので食べたいのだが、
どうも農薬や放射能物質が気になって・・・
どうしたものだろうか」
と言っている人がたまにいる。

そういう人に限って、平気で牛乳を日に三本も飲んでいたり、
「缶詰でも何でもマグロに限る」などと言っていたりするので
呆れるばかりである。

 

神戸大の喜多村教授の以前行われた研究によると、
血液中のBHC濃度は牛乳や肉食をしている人に高く、
玄米・菜食をしていた人は最低であった。
(BHC、DDT、有機水銀、パラチオンなどの農薬は
今は使用禁止になっている)

 

また、かつて
「玄米に白米の2倍の水銀農薬が検出された」
と騒がれたことがあった。

しかしその後、玄米食者の毛髪中の水銀を調べたところ、
「白米食者と比較して両者のあいだに著しい差はない」
という研究結果が報告された。

それどころか、
「体内に残留するのは白米食者のほうが著しく多い」
ことも、調布研究所のデータで証明された。

 

玄米に危険性がないことについて、
沼田博士はこういう考え方をしている。

①水銀は周期律上からは第二属に属し、
フィチン酸と結合して、
不溶性のフィチン酸を作る可能性がある。

②玄米食では食べる量からみて、白米食の半分以下となり、
便通もよくなり、腸内に滞留する時間も少なくなるので、
これら有機物の吸収される時間が短縮され安全度が高い。

③毛髪中に検出される水銀は、
農薬として使用されているフェニール醋酸水銀ではなく、
メチル水銀であった。
これはコメからではなく、魚介類を食べたためである。

 

沼田先生は、ストロンチウムやカドミウムや亜鉛についても、
これらが周期律のうえから第二属に属し、
化学吸収質が水銀とよく似ているので、
「玄米食者は玄米を恐れることはない」と報告している。

 

 

フィチン酸の働きが公害物質の吸収を妨げる

ここでフィチン酸という物質のことを考えてみる。

10g中の玄米には、
24mgのフィチン酸が含まれているが、
10g中の白米には4mgしか含まれていない。

 

玄米に多量に含まれているフィチン酸には、放射能物質、
水銀や鉛といった重金属類ともよく結合する性質がある。

そのためフィチン酸というのは、
公害物質を体外に排泄するという働きを行う。

日常の食生活が玄米・菜食型の人の血液は、
アルカロージス(アルカリ性に傾く)となるため、
有害物質は腸内でほとんど吸収されることはない。

 

ところがこれに反して、酸性食品である白米や肉、
白砂糖および人工甘味料、あるいは
各種の食品添加剤入りの食品を中心として
常食している人々の血液はアチドージス(酸性に傾く)となるので、
白米に含まれる公害物質は体外に排泄されることなく、
腸から吸収されることになる。

要するにフィチン酸があるかないかで、
この差がつくわけである。

 

だがフィチン酸の働きで、玄米は安全だといっても、
100%大丈夫だというわけではなく、
あくまで「白米に比較して安全」ということである。

私自身も、お米屋さんで売っている
ごく普通の玄米をいただいている。

 

私たちの理想は、農薬をいっさい使わない玄米の主食と、
化学肥料をいっさい使わない副食、
そして死の灰なんかに悩まされない
世界平和が訪れることなのである。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク