正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナイアシン欠乏症の症状とナイアシンを多く含む食品

sponsored link

ナイアシンは、
タンパク質の代謝に必要なビタミンである。

ナイアシンはかつてはビタミンB3と呼ばれたこともあり、
アミノ酸のひとつであるトリプトファンから
腸内細菌の作用によって、ある程度合成される。

 

ナイアシンは、体内では赤血球や組織中に
多くの脱水素酵素の補酵素として存在し、
その働きは生体の酸化還元反応に
重要な役割を果たしている。

また、神経の正常化や脳の機能を
正常に保つためにも、必要なビタミンとして知られている。

 

 

ナイアシンの所要量はトリプトファンの摂取量に関係し、
トリプトファン60mg は、
ナイアシン1mg に相当するとされている。

食物中のタンパク質60g は、
約600mg のトリプトファンを含んでいるので、
ナイアシン約10mgに相当する。

 

 

ナイアシン欠乏症

このナイアシンが欠乏すると貧血、性格の粗暴化、
小児の発育不良、体重・身長の低下などの症状が起こり、
さらにひどい欠乏状態になると、
「ペラグラ」という病気に発展する。

ペラグラとは、トウモロコシを主食としている人が
かかりやすい病気である。

その理由は、
ツェインと呼ばれるトウモロコシのタンパク質が、
トリプトファンを欠いているからだとみられている。

 

このペラグラという病気の特徴は皮膚炎、
下痢、痴ほうなどの精神神経症状が現れること。

そのため次のような症状が現れたら、一応、
ナイアシン欠乏症を疑った方がよい。

 

・皮膚の日光の当たる部分(顔面、首、手、足など)が
赤くなったり、表皮がはげたり、
きたならしい褐色になったりする。

・同時に口内炎、舌炎(舌が赤くなってヒリヒリする)が生じ、
唇が赤くなって切れ、
吐き気や下痢などの消化器症状が起こる。

・不眠、頭痛、めまい、運動マヒ、しびれ、
憂うつ症、精神錯乱などを起こす。

 

また、このような症状が現れたら、ナイアシンのほかに
タンパクやビタミン B2、葉酸が不足していることもあるので、
それらの栄養素も同時に補給するようにしたい。

 

 

ナイアシンを多く含む食品

ナイアシンを多く含む食品には、鶏肉、牛肉、豚肉、
レバー、マグロ、イワシ、小麦胚芽、米ぬか、落花生、
チーズ、牛乳、酵母などがある。

 

なお、ナイアシン必要量は、
成人男子で一日12~17ミリグラム、
女子で10~13ミリグラムとされている。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク