正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもの風邪・下痢の原因とその有効的な対策とは

sponsored link

しょっちゅう風邪をひく子どもは当然、
身体の諸機能の発達も遅れ、全体的にやせ、
足もおぼつかなく、家の中でも転んでばかりいる。

 

風邪をひきやすい原因

熱っぽく食欲がないので病院へ連れて行くと
「風邪です。いま悪い風邪が流行っているので、
あまり外へ連れ出さないように」と、
ハンで押したような診断をくだされる。

こういう子どもは、免疫能力が落ちているのである。

 

風邪の対策

風邪をひきやすい子どもに不足しているのは、
パントテン酸、ビタミン A、ビタミン B 群である。

パントテン酸は、
免疫能力を高めるタンパク合成に重大な関係を持ち、
これが不足すると抵抗力が落ちて、
結果として風邪に感染しやすくなる。

 

ローヤルゼリーを与えると回復が早いのも、
パントテン酸を豊富に含んでいるからである。

また、ビタミン A はノドの粘膜の炎症を抑え、
ビタミン B 群やビタミン C は、
感染症に対する抵抗力を高めるので、
常に天然の果樹液を与えれば、
子どもの体質改善に役立つというわけである。

 

 

下痢には母乳がいちばん

乳幼児には時として、白っぽい、
ミルクのような下痢便が出ることがある。

しかし機嫌よく、元気なら心配ない。

だが、吐いたり、けいれんを伴う場合は、
注意と治療が必要である。

 

下痢の原因

新生児は風邪をひいた時も、下痢することがある。

便につぶつぶがあったり、緑色の場合、
母乳なら心配ないが、人工栄養の場合は、
栄養不良を起こしていることがあるので注意が必要となる。

 

下痢の対策

母親の胎内にいるときは、まったくの無菌状態であり、
出産時に初めて細菌に感染する。

これを産道感染といい、
B型肝炎は産道感染の最たるものである。

 

出産直後の新生児の腸内には、大腸菌、
クロストリジウムという”悪玉”の腸内細菌が蔓延っているが、
出産後2、3日でビフィズス菌という
”善玉”の腸内細菌が増え始め、
5日目頃にはそれが90%以上に達する。

しかし、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウムが欠乏すると、
腸内細菌のバランスが崩れる。

 

そのため新生児の栄養は、タンパク質、脂肪、
糖質の整った母乳で育てるのがいちばんである。

母乳なら、まずお腹をこわすことはないだろう。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク