正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筋肉痛解消に効果的なにんにくクリームマッサージ

sponsored link

まず初めに、打ち身と筋肉痛についての基礎知識。

 

打ち身をした場合、
皮膚の表面の損傷はたいしたことがなくても、
中の筋肉組織は炎症を起こしていることが多く、
痛みを感じる。

これは、ぶつかったショックでもう歳血管が損傷を受け、
皮下組織内に血液が流れ出てしまうためである。

炎症を速やかに解消させるには、
打撲した部分の内出血を止め、
さらに固まった血液を除去して、
損傷を受けた組織を再生させることが肝心。

 

筋肉痛は、激しい、あるいは長時間の作業や運動で
筋肉が硬くなったために血のめぐりが悪くなり、
その部分への栄養分や酸素の供給が
不足することで発生する。

こちらの方は、
筋肉をほぐして血行を良くしていくことで解消する。

 

 

打ち身・筋肉痛とニンニク

私の知り合いに、
一家全員がニンニクを愛用しているという家族がいる。

おじいさん、ご夫婦、2人のお子さんが、
それぞれいろいろな方法でニンニクを
健康活用しているので一度話を聞いてみた。

 

お母さんの話では、
普段の料理にニンニクを使うのはもちろんのこと、
ニンニク風呂、ニンニク酒、そして数年前からは
自家製のニンニククリームを作って、
家族の病気予防や健康増進に役立てているとのこと。

おじさんは神経痛、お母さんは肌荒れなどの美容面、
そしてお父さんは体力増強での効果を
口々に協調していたが、面白いのは
高校1年と中学2年になる2人の息子さんの話であった。

 

 

2年前、兄弟2人だけで山歩きに出かけたときのこと。

急な下り道で、弟さんがあやまって足を挫いてしまった。

足首が少し腫れて、歩くのも難儀だったそう。

お兄さんは、出かけにお母さんがデイバックの中に
入れてくれたニンニククリームを思い出した。

 

荷物になるからいいというのを
「虫に刺されたり、足が疲れたら塗りなさい」
と無理やり持たされたものである。

ニンニクが捻挫に効くわけが・・・と思いながらも、
試しに患部にたっぷり塗り込んでみた。

 

しばらく休んでいると、
無理をしなくても歩けるようになった。

そして、翌日には、
腫れはすっかり消えていたそうである。

 

兄弟はそれ以来、すっかりニンニクファンに。

 

お兄さんは野球、
弟さんはサッカーの練習や試合に必ず携帯。

捻挫や打ち身、さらには筋肉痛に活用している。

友達に何かあった時にも塗ってあげるそうで、
お兄さんなどはチームメートから
”ドクター”と呼ばれているとのこと。

 

 

もともとニンニクは、
強い消炎作用を持つことで知られている。

毛細血管の血行を高め、
新陳代謝を活発にして細胞の組成を速める。

おそらく、臭気成分であるアリシンの
働きによるものと考えられるが、
これが打ち身や捻挫、筋肉痛、さらには腰痛、
肩こりといった、毛細血管の炎症が主な原因となる
症状に有効に作用しているのだ。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク