正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

接触性皮膚炎(かぶれ)の原因と薬物療法

sponsored link

皮膚が赤くなってかゆくなったりすると、
すぐ「何かにかぶれたのかな」と思うくらい、
かぶれはポピュラーな病気で、
多くの人が何回かはそうした経験をしたことがあるはず。

 

かぶれという病名は湿疹群の中で、
皮膚炎の原因となる外的刺激が
はっきりわかっている時に使われる。

したがって、ウルシかぶれ、洗剤かぶれ、
絆創膏かぶれといったように、多くの場合、
原因物質の名前を付けて呼ばれている。

 

しかし同じかぶれであっても、
皮膚炎が発生するその仕組みには、
次の異なる二つのタイプがある。

 

①一時性毒物刺激

接触した物質の毒性が強いために、
全身がかぶれるような反応。

これは非アレルギー性の炎症反応で、
強い酸、アルカリ、毛虫の毛などが
ついた時に生じる反応である。

 

②アレルギー性のかぶれ

このかぶれを起こす原因物質の代表的なものとして、
ウルシや銀杏があげられるが、
これらの物質が濃度が高いときに、
一次性毒物刺激として作用することもある。

 

 

毒物刺激物質は、その反応を引き起こすには、
一定以上の強い毒性と高い濃度が必要である。

しかし、アレルギー性刺激の場合は
低い濃度でも十分に堪反応を引き起こすため、
生活環境にあるすべての物質が
原因物質となる可能性がある。

 

そこでしつこい湿疹にかかった場合は、
身の回りの品に思い当たるものがあるかどうか、
注意してみる必要がある。

接触皮膚炎の症状(かぶれ)は、
赤く腫れ、強いかゆみがあり、
次第に小さな水ぶくれとなるもので、
原因物質との接触が続く間は治らない。

 

 

かぶれを引き起こす様々な環境因子

かぶれの原因は、ウルシや銀杏などのように、
特定の物質だけではなく、身の回りにある
すべての環境因子がその原因となる可能性がある。

 

かぶれの原因となることの多い物質を以下にあげる。

・植物(ウルシや銀杏など)
・化粧品成分(色素、香料など)
・白髪染め
・ペニシリン、水銀製剤などの医薬品
・金属類(メッキ、クロム、ニッケルなど)
・ゴム製品
・医療に付着した化学成分など

また、マンゴーやアロエでかぶれたという報告もある。

 

このほかにかぶれの原因として注意して欲しいものに、
湿疹、皮膚炎の治療に使う
副腎皮質ホルモン含有軟膏がある。

本来この軟膏は、
かぶれを直すために使われるものである。

 

しかし、ごくまれにホルモン自体、
あるいは軟膏の基剤成分に含まれる物質が、
新たにかぶれの原因となることがあるのだ。

治りかかった湿疹がまた悪化したり、
一生懸命に軟膏を塗っても治りにくいときは、
その薬が湿疹の原因かもしれない。

 

 

かぶれの環境因子を知っておく

アレルギー性接触皮膚炎では、
一度感作されると数十年経っても、
同じ物質に触ればすぐにかぶれを生じることが多い。

なので再発予防のためには、
一生その物質には接触しないことが重要となる。

 

しかし、かぶれの原因となる物質は、
同一物質が多くの環境因子の中に、
形を変えて含まれていることが多い。

 

自分自身のかぶれの原因となる物質については、
どのような環境因子に含まれているかを
十分にしておく必要がある。

 

 

かぶれの薬物療法

一般的にかぶれは、
原因物質との接触がなくなれば自然に治るはずだが、
一度かぶれを起こすと、そう簡単には治らないことが多く、
そうなると薬物療法の対象となる。

現在、最も多く利用されている薬剤は
副腎皮質ホルモン含有軟膏で、
普通は数日~10日前後で治る。

 

また、顔や陰部などの腫れがひどく、
早く治したい時には、
副腎皮質ホルモンの短期間内服が効果を発揮する。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク