正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べ物だけではない蕁麻疹の原因と抗ヒスタミン剤の副作用

sponsored link

蕁麻疹は食物アレルギーの代表とされている。

しかし蕁麻疹は、食物以外にも
種々の原因で起こることがわかっている。

 

蕁麻疹の原因分類の1つを以下に記す。

アレルギー性蕁麻疹
・食物(サバ、牛乳、卵など)
・薬物
・動植物の成分(蜂、ムカデなど)

仮性アレルゲンによる蕁麻疹
・貝、イカ、タケノコ、山芋、イチゴ、ほうれん草、ソバ

物理的蕁麻疹
・寒冷、温熱、日光、機械的刺激

コリン性蕁麻疹
・動物、発汗、精神的ストレス

心因性蕁麻疹
・精神的因子

 

 

食餌性、薬剤性、環境因子によるものは、
多くがアレルギーの仕組みによるものと考えられている。

その他の型の蕁麻疹では、
その作用のメカニズムがはっきりわかってない。

 

 

原因不明の蕁麻疹

急性蕁麻疹は、食餌性あるいは薬剤性のことが多く、
原因となる物質の摂取を止めれば治る可能性が高い。

しかし、慢性蕁麻疹の場合は、
原因がわからないために根治療法ができず、
対症療法として抗ヒスタミン剤の内服で
発疹を抑えるしか治療法がない。

 

現在、慢性蕁麻疹といわれている人の中にも、
食物や食品添加物が原因になっている可能性もあるのだが、
検査法が非常にやっかいなために、
原因が発見されないままになっている場合もある。

 

 

思い込みで食物を限定しない

食物については、
急性蕁麻疹で原因がはっきりわかっている時には、
その食物や成分が近い食品を摂らないようにする。

ところが中には、
「私はアレルギー性の蕁麻疹だから、肉類は全部だめ」
という人がよくいる。

 

本来、動植物は、
その種に独特のタンパク質を作っているはずなので、
動物の種類が異なればタンパク質のアミノ酸配列も異なってくる。

また、人間の体内にできる抗体も、
種特異のアミノ酸配列に対応して作られているので、
牛のタンパク質に対する抗体が、
鶏のタンパク質とアレルギー反応を起こすことはまず考えられない。

 

つまり、「肉類はだめだ」という先入観念が強いだけで、
実際の原因は別のことが多いということに落ち着く。

 

 

食餌制限の問題点

慢性蕁麻疹の場合の食餌方法は、かなり微妙である。

毎日蕁麻疹が出るという人の場合は、
食物との因果関係を聞いても、多くの場合はっきりしない。

 

したがって、食物以外の原因の方が多いかもしれないが、
毎日食べている食物の中に原因がある可能性も否定できない。

大豆は、みそ、醤油として日本人ならほとんど毎日食べているし、
米、小麦も絶対に食べないとはいえない。

 

 

また毎日でなく、ときどき蕁麻疹が出る人の場合は、
細かく毎日の食餌のメモを取って、
蕁麻疹の出た食物を比較検討すれば、
原因が推測できる場合もある。

 

慢性蕁麻疹では、
原因食物との因果関係がはっきりとわかっている人以外では、
原則的には食餌制限はしない方が良いと思う。

原因のわからない食物を気にして栄養を落とすより、
バランスよく食物を摂った方が健康に良いからである。

 

ただし、香辛料、刺激物、アルコール類、
アクの強い食物は制限しなければならない。

これらの食物は原因ではなくても、
誘因としてかゆみを増強させ、蕁麻疹を悪化させるからである。

 

またサルチル酸誘導体を含む食物も、
本人が蕁麻疹の悪化に気づいていなければ食べてもよいだろう。

サルチル酸誘導体を含む食物を以下に記す。

・穀物類
ジャガイモ

・脂肪
アーモンド

・野菜類
キュウリ、トマト、トウガラシ

・果物類
リンゴ、あんず、ブドウ、モモ、メロン、レモン、オレンジ、サクランボ、クレープフルーツ、プラム、ブラックベリー、ラズベリ-、イチゴ、干しブドウ、スグリ

・菓子類
チョコレート、キャラメル、キャンディー、ガム、ハッカ、ナッツ、ピーナッツ、クッキー、ケーキ、パイ、プリン、ゼリー、アイスクリーム

・飲み物
ビール、酒

 

 

また蕁麻疹という病気には、心因的な要素も大きく働く。

なので、すべての原因を食物にかぶせて、
不安な食生活を送るより、自由に好物を食べた方が、
結果的には良いのではないだろうか。

 

 

新しい抗ヒスタミン剤

蕁麻疹の治療の多くは、対症療法が中心となる。

対症療法薬として最も多く使われているのが、
抗ヒスタミン剤である。

 

この薬剤は名前が示すように、
ヒスタミンに対抗的に働く薬剤で、
この薬剤を内服していれば内服中は蕁麻疹が出ない。

しかし残念ながら、
この薬剤は蕁麻疹の原因そのものを抑える力はなく、
内服を中止すればまた再発することになる。

 

また、同じ抗ヒスタミン剤で、効く人と効かない人が出てくる。

そこで最近は、
抗ヒスタミン剤も各種の構造式を持つ薬剤が開発され、
その人に最も有効な抗ヒスタミン剤が処方される。

 

 

抗ヒスタミン剤の副作用

現在、蕁麻疹の治療に使用されている
抗ヒスタミン剤の副作用として、
人によってかなり強い眠気を起こすことがある。

しかしそれ以外には長期連用しても、
それほど大きな副作用を生じることは少ないようである。

 

 

蕁麻疹自体は非常に稀に、上気道粘膜にも生じて、
呼吸困難を起こすこともある。

しかし多くはかゆみを伴うだけで、
それ以外の障害は少ない病気である。

 

したがって、最終的には薬の使用による副作用の心配と、
かゆみを我慢するという精神的な苦痛の両者を比べてみて、
自身が納得できる方法を取るしか対応方法はない。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク