正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蕁麻疹の原因となる食べ物と対処法

sponsored link

蕁麻疹は、赤く膨らんだかゆみを伴う浮腫が
たくさんできるのが特徴で、
そこに白い斑点がまざることもある。

蕁麻疹の原因で一番多いのは食物アレルギーで、
抗ヒスタミン剤が効く症例もある。

 

稀にしか食べない食べ物ならば、
元凶は容易に判明する。

一般的には、魚や甲殻類のようなタンパク質の
食べ物が原因であることが多いようである。

唯一の対処法は、原因食品を食べないことである。

 

 

慢性蕁麻疹

蕁麻疹のブツブツや血管性浮腫
(顔、目、唇、舌にみられる組織の腫張)が
少なくとも週に2回発症し、
それが6週間以上続くと慢性蕁麻疹といわれる。

 

慢性蕁麻疹は多くの場合、突発的であり、
明確な原因が判明するのはわずか10~20%程度である。

このため治療は極めて困難な状況。

 

関係があるものとしてよく言われるのが、感染、
薬物反応、食品添加物に対する疑似アレルギー反応、
IgEアレルギー反応など。

とは言っても、はっきりとした関連は示されていない。

 

 

蕁麻疹と食事療法

ある論文で、興味深い結果が報告されている。

蕁麻疹の患者64人を被験者とする
綿密に計画された実験で、
疑似アレルゲンを除去した食事によって
著しい効果が現れたとのこと。

 

この食事療法では、
一般的な化学アレルゲンの供給元をすべて除去した。

つまり防腐剤、着色剤、さらに果物や
ある種の野菜にみられる天然化合物すらも除外した内容。

 

この実験は、病院の管理された環境で行われ、
2週間で4分の3の被験者の症状が
完治もしくは大いに改善されたとある。

 

最初の3日間は、調理したての亜硫酸塩(酸化防止剤)が
含まれていないジャガイモ、精米、水、塩だけしか
食べることが許されなかった。

その後、制限はゆるくなったが、
人口添加物と果物、香辛料、野菜に含まれる
サリチル酸塩という化合物は除外されていた。

 

 

蕁麻疹に効果的な自然治療

蕁麻疹、イチゴアレルギー、甲殻類アレルギー
に効くハーブはネトル(イラクサ)である。

カプセルで一日に2、3回服用するとよいだろう。

 

また鍼療法も効くことがあり、
たくさんの蕁麻疹症例で効果が証明されている。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク