正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

副鼻腔炎の原因症状と食べ物による自然治癒

sponsored link

副鼻腔炎は、
副鼻腔炎の内側を覆っている粘膜の炎症である。

しばしば感染が原因となるが、アレルギー性のこともある。

 

副鼻腔とは、頭蓋の前頭部と
鼻の両側に見られる空洞のことであり、
副鼻腔が閉鎖してしまうと、圧が高まりかなり不快になる。

痛みは下方へ放散するので、
副鼻腔炎感染が歯痛と間違われることも珍しくない。

 

副鼻腔炎を誘発する最も一般的なアレルギーは、
花粉症と動物の鱗屑(動物の羽毛、皮膚、毛からの微落片)
に対する過敏症である。

これらは、鼻炎のきっかけにもなる。

 

鼻炎は副鼻腔炎と同じく粘膜の炎症であり、
鼻の内側を覆っている粘膜と
喉に通じる鼻の奥の粘膜が冒される。

よくみられる症状は、鼻づまり、鼻水、
後鼻漏(鼻水が喉へ流れ込むこと)である。

 

 

動物アレルギー

猫アレルギーが犬アレルギーより多いのは、
おそらく猫の方がより多くの時間を毛づくろいに費やし、
唾液が鱗屑に付着するからであろう。

面白いことに、毛色の濃い猫のおよそ3分の2が
アレルギーの問題を引き起こすが、
毛色の薄い猫の場合は、4分の1しか問題を引き起こさない。

 

また、猫寝室で飼っている人の方が、
他の部屋で飼っている人よりも猫アレルギーになりやすい。

 

ここで、アレルギーだからといって、
慌ててペットをよその家にやることはない。

まずは食物アレルギーを調べてみよう。

アレルギーの治療をすれば、
ペットを家に置いておけるレベルまで
耐性が上がるかもしれないので。

 

 

副鼻腔炎の自然治癒を促す食べ物

一般的な食物過敏症は、
副鼻腔炎も鼻炎も悪化させることがある。

特に乳製品(鼻と副鼻腔炎での粘液の生成を高める)と
グルテンを多く含む穀物(特に小麦)に対する過敏症は要注意。

大部分のアレルギーの問題と同様に、
どんな食物でも関わっている可能性がある。

 

 

抗酸化物質が豊富な食べ物は、
鼻の粘膜の炎症を減らすだけでなく、
健康な粘膜を作る助けもする。

結果、自然治癒を助長する。

 

βカロチン源として、色の濃い果物と野菜(例えばニンジン)、
プロアントシアニジン源として、カシスや他のベリー類、
ビタミン C 源として、レモンジュースとオレンジジュース
(柑橘類に対してアレルギーがない場合)が最も有益である。

 

ニンニクには強力な抗菌作用がある。

潰して生のままサラダに入れるか、
オリーブオイルとまぜ合わせてパンにつけて
食べるなどして摂取すれば、鼻がすっきり通るようになる。

 

脂の多い魚も、粘膜の良好な機能を
維持するのに大変良い食品である。

 

副鼻腔炎や鼻炎を慢性的に患っているとなると、
プロポリスも効果的であろう。

 

 

副鼻腔炎の自然治癒を促すハーブ

イラクサのサプリメントは、
アレルギー性鼻炎の症状を和らげることで知られている。

もし余裕があれば、自分でイラクサティーや
イラクサスープを作っても良いだろう。

 

ホースラディッシュやショウガのエキスも、
呼吸を楽にし、鼻づまりを和らげる。

 

蒸気吸入は鼻腔や副鼻腔炎の粘液を緩めるのに、
非常に効果的である。

 

また、ハーブの煎じ液も自然治癒を促す。

例えば、ユーカリ、カモミール、タイム、ローズマリー、
ミント、ティートゥリーを試してみると良い。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク