正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭痛とは異なる偏頭痛の症状とその対処法

sponsored link

偏頭痛は、眩しい光、睡眠不足、ストレス、
食事要因によって誘発されることがよくある。

偏頭痛は単に頭痛がひどくなったものではなく、
全く異なる病気である。

 

偏頭痛の発生メカニズム

偏頭痛は、脳血管中の血小板の凝集と関係があり、
この血小板がセロトニンという脳内化学物質を放出する。

これによって血管が収縮し、
偏頭痛の第一段階の特徴である視覚障害、目まい、
空腹感、顔の片側の感覚異常などの症状が現れる。

 

次に、脳への血液供給量が減ったことを感知して、
血管が過度に拡張するといった逆の反射が起こる。

こうして血液が脳内にどっと流れ込むようになると、
偏頭痛はズキズキするような痛みを伴う段階へ移行する。

 

 

偏頭痛の症状

偏頭痛の症状は人によって千差万別である。

主な症状として、頭痛(たいていは片側)、
吐き気や嘔吐、羞明(光過敏症)、視覚障害などがある。

 

ピカソの作品に描かれているゆがんだ顔は、
偏頭痛発作中の視覚障害によるものと言われている。

 

子供の偏頭痛は、大人の偏頭痛とは異なり、
持続期間が短くしばしば胃痛を伴う。

「これまで頭痛も偏頭痛も経験したことが
なかったのに突然発症した」というような場合には、
もっと深刻な根本的原因がある可能性を考えられるので、
医師の診察を受けるようにする。

 

 

偏頭痛の対処法

 

緊張をほぐす

再発性の頭痛や偏頭痛には、
栄養の因子が大きな役割を演じている場合が多いのだが、
他の原因が考えられることもある。

特に首、肩、背中の辺りが凝っている場合など、
緊張とストレスが頭痛や偏頭痛の元になっていることがよくある。

 

問題の原因が、例えば神経の圧迫などの
身体的なものでないことを確かめるために、
整骨医やカイロプラクターなどに相談する価値はある。

多くの人が筋肉の緊張をほぐすのにマッサージ、
指圧、鍼または頭蓋仙骨療法が有効だと感じている。

 

また、アレキサンダーテクニックやピラティスなどの
姿勢矯正訓練法も効果があることが多い。

 

 

偏頭痛に備える

1回食事を抜いただけで、偏頭痛になることがあるので、
食事は抜かず、決まった時間に食べるようにしたい。

食間に甘くない健康的な食品を軽くつまんで、
血糖値を一定に保つのもよいだろう。

 

不意に偏頭痛に襲われたときのために、健康的な棒菓子、
オート麦ビスケットなどをバッグに入れておくとよい。

 

また、運動する前には必ず少し食べておくようにする。

運動すると血糖値が下がり、
ひどい偏頭痛が起こることがあるためだ。

 

また就寝直前に軽い軽食を摂ると、
ぐっすり朝まで眠れるのでおすすめである。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク