正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉症の原因となる食べ物と簡単な対策

sponsored link

日が長くなり、たくさんの人が
明るい春の季節を満喫し始める頃、
一部の少数派は花粉症に苦しめられる。

少数派といっても、人口の約15~20%にもなるので、
かなりの数といえる。

花粉症になると、かゆみ、涙目、鼻水、鼻づまり、
喉の腫れに加えて、ゼーゼー息をしたり、
くしゃみが止まらなくなったり、
頭がガンガンすることもある。

 

また春になって気温が上昇すると、
都市部では大気汚染もひどくなりがちで、
そのため症状がさらに重くなることがある。

田舎に住んでいれば、
植物にさらされる機会が増えるので、
花粉症になりやすくなると思うかもしれないが、
実は都会の方が花粉症の発症率が
高いことが証明されている。

これは都会に住むことによって、
ダニや汚染物質といった他の要因と接触する機会が
増えるといった影響があるようだ。

 

花粉症に対する一般的なアドバイスとしては、
花粉に触れないようにすることと、
抗ヒスタミン薬を服用すること。

 

 

自分の花粉症の原因になっている花粉と
同じグループの食べ物を避けることで症状が和らいだり、
あるいはすっかり消えてしまうこともある。

樹木の花粉に対する過敏症は、
1年のうちでもイネ科の植物の花粉に対する過敏性より
早い時期に始まり、5月の終わりには落ち着く。

イネ科植物の花粉に対する過敏症は、
春から夏にかけてのより長い期間に見られ、
症例の原因全体の90%を占める。

 

近頃は冬の寒さが厳しくないので、
花粉症シーズンが長くなってきている傾向がある。

以前は、4月前に花粉が飛ぶことはなかったが、
今では樹木の花粉が3月頃には飛び始める。

 

 

樹木の花粉症対策の食べ物

樹木の花粉に対する過敏症が問題なら、
花粉症の季節にヘーゼルナッツ、セロリ、ニンジン、
ジャガイモを食べないようにして、
症状に変化があるかどうか試してみると良い。

これらは交差反応を起こすことが多い食べ物である。

 

花粉症が出ない時期には、
これらの食べ物に触れたり食べたりしても何ともないのに、
シーズンになると、これらの野菜の皮をむいたり、
洗ったり刻んだりするだけで、症状が悪化する人もいる。

 

 

イネ科植物の花粉症対策の食べ物

イネ科植物の花粉に対する過敏症は、
広範囲に渡っているので、
症状を悪化させる食べ物の種類も結果的に多くなる。

 

・牛、ヤギ、羊のミルクやチーズなど、すべての乳製品。
反芻動物は草を食べるので、
乳製品は草に由来するアレルゲンを含むことがある。

・小麦、大麦、ライ麦、オート麦など穀類の多くも、
イネ科の植物の仲間である
(オート麦が原因になることは少ない)。

・他のアレルゲンと交差反応を起こすものがあるので、
以下の食品を食べないようにしてみて様子を見る。

大豆を含むすべての豆類、レンズ豆、エンドウ豆、
ピーナッツ、タピオカなど。

 

最高の効果を得るためには
アレルギーのシーズン中ではなく、
症状が始まる1~2ヶ月前に食事療法を開始すると良い。

不運にも樹木の花粉とイネ科植物の花粉の両方に
過敏症があるようなら、症状が出始めたときに、
樹木の花粉の除去食療法を開始すると良いだろう。

そのあと4月に入ってから、
イネ科植物の花粉の過敏症に繋がる食品を
除き始める流れである。

 

 

先ほど上げたような食べ物を食べないようにして
症状が改善するようなら、
それぞれの食べ物を計画的に1つずつ再摂取して
症状を見てみる。

 

また、砂糖も花粉症に関わっているとよく言われる。

そのため、テーブルシュガーや砂糖たっぷりの
食べ物を避けるとかなり良くなる可能性がある。

しかしここでは、砂糖の原料であるサトウキビが
イネ科の植物だからというわけではなさそうである。

おそらく、砂糖過多の食事が
免疫系の働きを抑制するためだろう。

 

 

花粉症とビタミン C

一日1~3g のビタミン C (複数回に分けて)は、
天然の抗ヒスタミン薬として働くことがあるので、
最低4週間続けて自分に効くかどうか試してみると良い。

また、抗ヒスタミン作用のある抗酸化物質ケルセチンを
500mg、一日に2~3回摂ると、
ビタミン C の効果はさらに高まる。

 

他にも症状を緩和する方法として、
一日2~3回ネトルの450mg カプセルを1個ずつ摂るか、
ネトルのチンキ剤を2~4ml 、
一日3回毎日摂るという方法もある。

 

 

簡単にできる花粉症対策と子供の花粉症

ワセリンのような刺激のないクリームを鼻の内側に塗る。

するとワセリンがバリアーとなって、
鼻の入口のところで花粉をくっつけてブロックし、
アレルギー反応を防いでくれる。

 

 

2歳未満の小さな子供が花粉症になることは珍しく、
たいてい9歳から11歳くらいで発症する。

花粉症はアレルギーやアトピーの家系に
比較的多く見られるが、
生後6ヶ月までは母乳で育てることで、
花粉症になりにくい体質をつくることができる。

母乳により、
赤ちゃんに免疫系の抵抗力がつくからである。

生後1年間は、牛乳やグルテンを含む穀物、卵など、
アレルギーの原因となりうる食品を与えないことも大切である。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク