正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

カテゴリー:栄養素

単品では効果がない?ビタミンの正しい摂取法とは

ここでひとつ、はっきりさせておきたいことがある。 それは、「医学知識と健康法は別」だということ。 どんなにすぐれた”天下の名医”でも、 不養生から命を落としているケースも少なくない。 「医者の不養生」ということばがあるよ…

詳細を見る

緑黄色野菜のβカロチンには抗ガン作用の効果あり

緑黄色野菜というのはホウレン草やニンジン、 カボチャなどのように、 中まで緑や黄色などの色の濃い野菜で、 可食部(食べられる部分)100グラム中βカロチンの含有量が 600マイクログラム以上のものをいい、 ナスやキュウリのように …

詳細を見る

鉄分不足による貧血増加と深刻なカルシウム不足

ミネラルは、体内の細胞の内外に含まれている。 そのミネラルにはカルシウム、リン、カリウム、硫黄、 ナトリウム、マグネシウム、塩素、鉄、銅、マンガン、 ヨード、コバルト、亜鉛、フッ素など30種類近くある。 …

詳細を見る

ビタミンD過剰症と欠乏症は厄介,ビタミンDを多く含む食品

ビタミン D というのは、実に厄介なビタミンである。 山陰、北陸、東北、北海道など、 冬のあいだ日光に恵まれない地方に多い”くる病”が、 ビタミン D の欠乏症である。 これは、ビタミンDが植物性食品には全く含まれておらず、…

詳細を見る

ビタミンAを多く含む食品の過剰摂取が招く過剰症

ビタミン A の存在は、古代エジプトの時代から、 夜盲症(とり目)に効くとして知られていたといわれるが、 医学史上に登場したのは1913年のことである。 米国のウィスコンシン大学のマッカラム博士が助手時代に、 牛のエサの中に動物…

詳細を見る

ビタミンC欠乏症の症状とビタミンCを多く含む食品

私たちのカラダを構成している最小単位、 細胞と細胞の結合組織の中には、 コラーゲンとよばれるタンパク質の”詰めもの”が ぎっしり詰まっている。 このコラーゲンは、カラダの中の全タンパク質の 約30%を占めているといわれ、 い…

詳細を見る

ナイアシン欠乏症の症状とナイアシンを多く含む食品

ナイアシンは、 タンパク質の代謝に必要なビタミンである。 ナイアシンはかつてはビタミンB3と呼ばれたこともあり、 アミノ酸のひとつであるトリプトファンから 腸内細菌の作用によって、ある程度合成される。 …

詳細を見る

ビタミンB12欠乏症の症状とビタミンB12を多く含む食品

ビタミンB12は、もともと肝臓から葉酸以外の 抗貧血作用をもった因子として発見されたものである。 そのビタミンB12の働きは、成長、増殖、造血などに関係し、 葉酸とともに悪性貧血に著しい効果がある。 体内では、大部分が補酵素…

詳細を見る

ビタミンB6欠乏症の症状とビタミンB6を多く含む食品

ビタミンB6は、アミノ酸代謝に関係している酵素の 補酵素として重要な役割を担うとともに、 体内におけるタンパク質の代謝という重要な働きをしている。 これをひらたく説明すると、以下のようになる。 手っとり早…

詳細を見る

ビタミンB2欠乏症の症状とビタミンB2を多く含む食品

ビタミン B2の働きの中で特に重要な働きとして、 成長促進作用がある。 したがって、幼児期、少年期、青年期には、 その必要量を十分とることが大切となる。 ビタミンB2は、目、皮膚、口の中の粘膜の 発育や…

詳細を見る

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク