正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

めまいなど様々な自律神経失調症の原因と症状

sponsored link

自律神経ということばは、自律神経失調症とか、
自律神経のアンバランスといったような使い方で、
広く知られている。

 

私たちは眠っている時でも呼吸をし、
心臓は動いている。

胃や腸では消化、吸収活動が行われている。

腎臓では尿が作られ、体温は一定に保たれている。

 

つまり内臓の働きは、私たちが目覚めている時でも、
別に意識することはない。

このように意識にのぼらない神経を自律神経と呼ぶ。

 

したがって、私たちが健康を保つには、
自律神経がうまく調整され、
働いていることが大切だということがわかる。

 

 

自律神経とその働き

自律神経には、一種の元締めとなっている中枢部と、
それが実際に働いている末梢部とがある。

脳脊髄神経系の中枢部は、主に脳の大脳皮質にある。

 

それでは自律神経の中枢はどこにあるのかというと、
大脳の古い皮質と間脳の視床下部と延髄にある。

さらに、脊髄や内臓の器官の近くでも、
中枢的な調節の働きをしている仕組みが
あることがわかっている。

 

このように自律神経の調節の働きは、
私たちのカラダのかなり広い部分に渡って、
行われていることがわかる。

つまり、生体内には、
自律神経の調節機構があちこちにあるということ。

 

また自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があり、
それぞれが異なる働きをしている。

 

 

自律神経とストレス性胃潰瘍

ところで、自律神経の働きをみると、
働きのうえでは一応、
脳脊髄神経と自律神経は別々になっているが、
しかし全く無関係ということではない。

この2つは古い皮質でお互いに関係し合っている。

この好例がストレス性の胃潰瘍である。

 

胃潰瘍というと、
原因は暴飲暴食と思われるかもしれないが、
実は70~80%はストレスである。

子どもを交通事故で亡くしたり、
あるいは何かの原因で子どもに先立たれたりすると、
その悲しみがストレスとなって、
自律神経に支配されている胃液の分泌を促し、
急性の胃潰瘍を起こすことが知られている。

 

さらにこのストレス性胃潰瘍は、子どもにもある。

現代っ子は受験戦争の中にあってテストに追いまくられ、
毎日が不安と心配と苦悩の連続である。

これは立派なストレス因子となって、胃潰瘍の原因になる。

現代っ子に胃潰瘍が多発しているのも、
このためだといわれている。

 

このように精神と内臓の関係は、
古い皮質を仲介にして起こっている。

 

 

自律神経失調症

人間には、自律神経失調症といって、
交感神経と副交感神経がバランスを失って、
調節のきかなくなることがしばしある。

この病気にかかりやすい人は、
生まれつき体質に問題のあることがわかっている。

 

これは自律神経に交感神経と副交感神経があることから、
交感神経緊張症といって、
心臓や血管系が主として不安定なタイプの人と、
副交感神経緊張症といって、消化器、呼吸器が
主として不安定なタイプの人に分かれる。

この2つのタイプの体質異常に、
精神的あるいは肉体的なストレスが加わると、
自律神経失調症に陥りやすい。

 

 

自律神経失調症の症状

それでは、自律神経失調症はどんな症状の病気かというと、
これがまた複雑なのである。

まず身体的な症状としては、全身がだるい、
頭痛、頭重、のぼせ、冷え性、寝汗など、
精神的な症状としては、緊張、抑うつ、不安、
もの忘れなどがみられる。

 

なお、身体症状として、このほかに動悸、息切れ、
めまい(循環器、呼吸器の症状)、食欲不振、吐き気、
腹痛(消火器の症状)、夜尿、頻尿(泌尿器の症状)など、
個々の器官に限定された症状を訴えるケースもある。

これらの身体症状の特徴は、
同時にいろいろな症状を訴えることである。

 

それからやや専門的になるが、症候移動といって、
循環器の症状がなくなったと思ったら、
消化器系の症状が出るといったように、
症状がいろいろな器官を移動する傾向もある。

 

したがってこのような症状を自覚したら、
医師に相談することが大切となる。

ときに内分泌器官の異常が潜んでいることもあるからである。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク