正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

免疫力を高めるのに重要な腸内細菌

sponsored link

免疫系を良好な状態に保つ、すなわち免疫力を高めるには、
消化器系の健康と腸内細菌のバランスを忘れてはならない。

「消化管なんて食物が通るただの管だ」
と考えているかもしれないが、
実のところ消化管は体の中で一番大きい免疫組織である。

 

消化管は防御の「最前線」の一部であり、通常、
敵ではなく味方だけを血管内に取り込むという働きをする。

腸粘膜では、広範で複雑な免疫機能が働き続けている。

もし有害反応を引き起こす食物を避けるなら、
腸が免疫機能をもっと有効に働かせることができるようになる。

 

さらに、別記事「皮膚や粘膜の健康に不可欠な栄養素
に書かれているアドバイスに従えば、
防御障壁であり免疫組織でもある消化管の粘膜を
守ることができる。

 

 

免疫系に関わる2種類の腸内細菌

消化管の健康と免疫系との関係には、
腸内細菌のバランスという重要な因子がある。

腸内細菌の数は私たちの体を構成する細胞の数より多く、
そうした細菌が健全であることが、
私たちの健康状態に影響を及ぼしている。

 

腸内細菌には、「善玉菌」と「悪玉菌」の2種類が存在している。

善玉菌の働きとは

・腸内を最適な酸度、弱酸性に保つ。
・特定の栄養素を合成する(ビタミン B 群とビタミン K)。
・天然の抗菌物質を作り出して有害な細菌を殺し、
免疫系を補助する。
・消化管の細胞の栄養源となる酪酸を、食物繊維を分解してつくる。
・タンパク質や乳頭の最終的な消化を助ける。
・腸管を刺激してじゅ動運動を高める。

 

悪玉菌が増えてしまうと

・内毒素の量が多くなり、肝臓や免疫系を弱らせる。
そのため、頭痛、皮膚疾患、消化の問題など様々な症状が出る。
・悪玉菌が増えすぎて善玉菌が減ってしまうと、
普段は善玉菌に抑えられている食中毒菌が
野放し状態になって増殖する。
・下痢や大腸炎が起きやすくなる。

 

 

腸内細菌の乱れと免疫系の強化

もし、以下のような状態に当てはまるのなら、
腸内細菌のバランスが乱れている可能性は高い。

・抗生物質を繰り返し使用している。
・1年以上薬を飲み続けている。
・強いストレスを感じている。
・短い間隔で続けて妊娠している。
・砂糖や精製した炭水化物を多量に含む食事を摂っている。

 

このような人は以下のような食物をとることで、
腸内細菌の状態を良好に保つよう努めると良い。

 

・食事で十分な食物繊維を摂るようにする。
全粒粉、豆類、インゲン豆、果物、ナッツ類、
種実類をいつも食べるようにする。

・食物繊維を補助食品として摂るのも良い。
小麦のふすまは消化管に刺激が強すぎるため、
オート麦のふすまか、米のふすま、亜麻仁、
オオバコの種皮などが良い。

・牛、羊、山羊などの新鮮なヨーグルトを十分にとる
(大豆ヨーグルトでもよい)。
また、オリーブオイル、ニンニク、玉ねぎ、
キャベツやキクイモは腸内細菌の健康を助ける。

・乳酸菌やビフィズス菌など、
生きた細菌が含まれるサプリメントをとる。
ある製品でうまく効果が現れない場合は、別の製品を試す。
(製品によって含まれる菌の種類が違うので、
自分に合うものとそうでないものがある。)

 

 

まとめ

免疫力を弱める10カ条

・過量のアルコール
・精製された炭水化物や高脂肪のでき合い食品を基調とした食事
・食物アレルギーや過敏症
・タバコの喫煙
・砂糖の摂り過ぎ
・ストレス(心配、緊張、無力感、落ち込み)
・短期間に続けて妊娠すること
・快楽のための麻薬の使用
・汚染された環境(例えば、化学薬品が家屋に多数使われていたり、家庭に常備されている)
・抗生物質の多用

 

免疫力を高める10カ条

・よく笑う
・最低でも1日に5単位の果物と野菜をとる(80g を1単位とする)
・日頃の運動
・自然食品中心の食事で血糖値を正常に保つ
・毎日2リットルの水を飲む
・瞑想を行う
・腸の健康を保つ(食物繊維の豊富な食事、新鮮なヨーグルトを食べる)
・十分な睡眠をとる
・幸せな家庭と職場
・ビタミン A 、 C 、 Eや、セレン、亜鉛といった
ミネラルが入った抗酸化作用のあるサプリメントを毎日とる

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク