正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄分不足による貧血増加と深刻なカルシウム不足

sponsored link

ミネラルは、体内の細胞の内外に含まれている。

そのミネラルにはカルシウム、リン、カリウム、硫黄、
ナトリウム、マグネシウム、塩素、鉄、銅、マンガン、
ヨード、コバルト、亜鉛、フッ素など30種類近くある。

 

この中でも最も不足しがちなのが、
カルシウムと鉄といわれている。

逆にいえばカルシウムと鉄は、
それだけ大切なミネラルだということである。

 

 

カルシウムの働きと不足

カルシウムは、体内では酸素、炭素、水素、
窒素に次いで、5番目に多く含まれている元素であり、
そのほとんどは、骨や歯の成分として骨格の中にある。

ところが骨格というのは、
約200個のバラバラの骨が互いに連絡してできたもので、
人体の支柱となっているものである。

それだけに身長の伸びる発育期には、
カルシウムの要求量もそれだけ高まる。

 

ところが現代っ子のカルシウム摂取量は、
それに応えていない。

なので骨が弱く、ちょっとつまずいたとか、
うさぎ跳びした程度で、骨折する子どもが増えている。

 

考えられる原因のひとつとして、
食事内容の偏りがあげられる。

特に幼児期に偏食偏向が強かったとか、あるいは、
カルシウムを多く含む牛乳や野菜の摂り方が少ない、
骨ごと食べられる小魚を食べない、
といった子どもに骨折が多いといわれている。

 

しかしカルシウムの存在価値は、それだけではなく、
タンパク質、糖質、脂質との働きにも関係している。

これについては、また別の記事に譲るとして、
つまりカルシウムは、
他の栄養素の吸収に重要な役目をも果たしている。

そればかりか、カルシウムは
神経の働きにも大きな影響を与えている。

 

アイソトープを使用しての研究において、
カルシウムは成人でも新陳代謝をしていることがわかっている。

そのためカルシウムは、大人、子どもにかかわらず当然、
補給の必要がある。

 

 

鉄分不足による脳の栄養失調症

鉄分は赤血球の成分であるヘモグロビンを
作っている重要な元素である。

したがって、鉄分が不足すると
貧血になることはご存知のとおり。

 

ヘモグロビンは、鉄を含むヘムという物質と、
グロビンというタンパク質の化合物なので、
鉄分が不足すると貧血になるというわけである。

だが鉄分の働きは、それだけではない。

 

各細胞の成分としてのエネルギーの獲得に当たっても、
鉄分は重要な生理作用を営んでいる。

その証拠には、
貧血というと昔は女子に圧倒的に多かったのだが、
最近は男子にも増えているのである。

 

以前、ある高校の保健担当の先生が、
新入生の貧血状況について、
NHK で報告していたのを聞いたことがある。

要点をメモしてあるので、ちょっと紹介する。

 

子どもの貧血増加

それによると、新入生の女子の10%が貧血、
男子は2%ということであった。

傾向としては女子が横ばい、
男子は増加しているということ。

しかも、疑似貧血症といって、
貧血症の一歩手前にいる男子生徒が
増えているということであった。

 

原因は栄養障害、つまり、
栄養の取り方に過不足があるということ。

さらに先生は、疑似貧血症の生徒の学習態度について、
次のように指摘していた。

①集中力に欠ける。
②注意力が散漫で、企業に学習的興味を示さない。
③話した言葉に乏しい。
④仲間ができない。他の生徒と積極的な
コミニケーションを持ったり、
人間的な関わりを持とうとしない。
⑤リーダーシップがとれない。

 

これについて、世界では
「脳の栄養失調が原因」といわれている。

 

 

栄養不足による暴力化

人間の栄養は、240種類もある動植物のうち、
150~200種類の動植物からとるのが理想とされている。

ところが実際には、現代人は、
50種類以下の狭い範囲からしかとっていないといわれている。

事実、先ほど述べた高校の先生によると、
朝食の欠食者が1クラスに
平均3、4人はいるということである。

 

また、食事調査によると、野菜嫌いが目立つ。

食べている野菜といえば、
トマトにキュウリにレタスくらいで、
ヒジキ、ワカメなどの海藻類にいたっては、
知らない生徒もいるということである。

 

このような野菜嫌い、つまり、
緑黄色野菜の不足がビタミンやミネラルの欠乏を招き、
それが精神面でも「記憶力の低下」「集中力の欠乏」
「注意力の散漫」、さらには「家庭内暴力」「校内暴力」
などの原因になっている。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク