正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレルギー性喘息の症状および原因とは

sponsored link

息をするたびにゼーゼー喘ぎ、
「これで呼吸が止まってしまうのでは」
と不安に駆られることほど辛いことはない。

発作を起こしている人を目の当たりにするのは辛いものだが、
苦しんでいるのが子供であればなおさらである。

 

肺は、デリケートで傷つきやすい器官。

そしてその肺を通して取り込まれる酸素は、
私たちにとって最も重要なものである。

酸素を絶たれたら、私たちはほんの数分で死んでしまう。

 

 

喘息の症状

喘息は、肺の中の気道が狭くなることを特徴とする
呼吸器の病気である。

主な症状は呼吸困難で、その一番の原因は炎症である。

炎症を抑えることが治療の最重要課題となるが、
その引き金になる因子を見つけることも重要。

 

喘息の特徴はゼーゼーという息であるが、
その症状は小児期に始まることもあれば、
大人になってからということもある。

子供の喘息の場合、喘息が発症する数ヶ月、
或いは数年前からよく咳き込んだり、
上気道感染がなかなか治らないなどの徴候が現れ、
やがて気管支炎へ、そして最終的に喘息へと移行する。

親が喫煙者であったり、
生後1年以内に抗生物質を使用したりすると、
子供の喘息のリスクは高くなる。

 

一方、2400人を対象とした研究結果では、
生後1年までに犬や猫に接触すると、
喘息になりにくいと報告されている。

また、4ヶ月以上母乳で育てることでも
喘息の発症を抑えることに繋がる。

母乳については、他のアレルギーにも同じことが言える。

 

 

喘息の原因

成人では、喘息は男性より女性に多く見られる。

また引き金となるものがわかっていても、
後に他のものでも誘発されるようになることがある。

しかし引き金が何であれ、最終的な症状は同じ。

細気管支(肺の気道)の平滑筋が炎症を起こして
粘膜を分泌するために、呼吸が困難になる。

最悪の場合、命に関わることもある。

あまり知られていないのだが、
アナフィラキシーで死亡する人の大多数が喘息も患っており、
アレルギー反応に次いで喘息の発作が2番目の死因となっている。

 

喘息の引き金になる主なもの

・ダニ、鱗屑(動物の毛や羽根から剥がれ落ちた微落片)、花粉、カビ胞子などのアレルゲンの吸入
・タバコの煙など、刺激性のある気体
・食物、薬品(アスピリン、糖衣剤やシロップ剤の着色料を含む)、食品添加物、食品中の酵母菌類、食品に発生したカビ類などのアレルゲンの摂取
・家庭用品に含まれる化学物質や、職場で扱う化学物質
・気温の変化。特に暖かい場所から冷たい場所に移動するとき
・雷雨など、天候の変化。天候により空気中の汚染物質やホコリやカビの量が変化するため
・細菌またはウイルス感染
・運動。他の引き金と組み合わさった場合のみ
・感情的ストレス

 

潔癖な生活環境

現在では、喘息を裕福病とみる動きもある。

なぜなら、少人数の家族が清潔の家に住んでいる場合に、
喘息が出やすい傾向のためである。

バイ菌にさらされることが少なく、
免疫系に抵抗力がつきにくくなっているせいであろう。

 

例えば、抗菌クリーナーは
急性の病気の予防にはなるかもしれないが、
余りにも効率的に微生物を殺してしまうので、
使いすぎると家の中が消毒されすぎてしまう。

 

 

ダニと空気

また一方で、家の中に家具が多すぎるというのも良くない。

カーペットやカーテンなどは、
無数のダニの棲み家となってしまうからである。

 

世界でも有数の喘息国家であるイギリスでは、
98%の家で部屋にピタリとカーペットが敷き詰めてある。

約1メートル四方のカーペットに
10万匹ものダニがいることもあり、
それぞれから一日20個の糞をする。

この糞が、喘息の人には刺激となることが多い。

通常の掃除機による掃除や洗浄では、
カーペット中の糞の量をたいして減らすことはできない。

 

 

さらには室内の換気不足、タバコの煙、多湿、
そして強い匂いなども喘息の引き金となる。

喘息患者の4分の3は、
他人がつけている香水の強い香りや、
消臭・芳香剤のような製品にも反応する。

 

キレイな空気に関連して言えば、家の中で喫煙すると、
非喫煙者である家族や子供が喘息になる確率が高くなる。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク