正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リノール酸とαリノレン酸の摂取バランスこそが健康に不可欠

sponsored link

脂肪を摂りすぎると肥満になり、
成人病にかかりやすくなることは、
誰もがすでに周知していることだろう。

しかし、動物脂肪の取りすぎは健康に良くなくても、
植物油は健康に良いといわれている。

 

成人病の栄養指導を受けると、
動物脂肪はできるだけ減らして、
植物油を増やすようにいわれる。

このような栄養指導が広く行き渡ってから、
もう随分の年月が経過した。

 

ところが、この栄養指導に落とし穴があったのである。

ベニバナ(サンフラワー)油やコーン油、ヒマワリ油、
綿実油などを長期にわたって摂取すると、
大変なことになることがわかってきたのである。

「リノール酸とりすぎ症候群」が、
私たちの健康を蝕んでいるのである。

 

 

リノール酸とりすぎ症候群

「リノール酸とりすぎ症候群?」となったことだろう。

それもそのはず、
このような病名はどの医学書にも書かれていない。

 

「リノール酸は健康に良いはずだ!」
「リノール酸は必須脂肪酸だと書いてあるではないか!」
という声が聞こえてくる。

確かにそうである。

リノール酸は動物に必須であり、
不足すると成長が止まって子供が生まれない。

また毛が抜けて皮膚が病気になる。

なのでリノール酸は、人間にとって必要なのである。

 

そしてもうひとつ、リノール酸を摂ることで、
血漿コレステロール値が下がる。

そのため、ほとんどの栄養士や薬剤師や医師は、
「動物脂肪を減らして、
リノール酸の多い植物油を多く摂りなさい」
と勧めるようになったのである。

 

そこで食品業界は競争して、
食品のリノール酸含有量を高めようとしてきたし、
結果として、リノール酸の多いベニバナ油などが、
健康食品として大々的に売られている。

お中元やお歳暮のシーズンになると、
テレビでは有名タレントが
食用油の詰め合わせの宣伝をする。

それらは、きれいなベニハナ、ヒマワリの花、
美味しそうなコーンなど、健康のイメージに溢れている。

 

これらはすべてリノール酸含有量が高いので、
スーパーで売られているサラダ油の数倍の値段となっている。

こんな状況なので、あなたも
「リノール酸は健康に良い」
という話に疑いを持ったことはないことだろう。

 

 

αリノレン酸の登場

最近、もうひとつの必須脂肪酸が注目を集めている。

リノール酸が成長および
皮膚を正常に保つのに必須であったのに対し、
この注目の必須脂肪酸であるαリノレン酸は、
脳や神経の機能を高く保つのに
必須であることがわかったのである。

 

さらにもっと重要なことは、
このリノール酸とαリノレン酸のバランスが、
実に多くの慢性疾患と深い関わりがあるという事実。

 

ネズミを使った実験で、エサのリノール酸を少なくし、
αリノレン酸を多くすると、アレルギー症状の軽減、
高血圧の低下、心筋梗塞や脳梗塞の予防という効果がみられ、
さらには発ガンやガンの転移まで抑えられたのである。

そしてこれらの総合的な結果として、
高リノール酸食と高αリノレン酸食を与え続けていると、
ネズミの寿命に10%以上の差が出た。

 

 

今、仮にガン特効薬が作られガンで死ぬことがなくなっても、
悲しいかな、日本人の寿命は4%くらいしか伸びない。

それに比べると、リノール酸とαリノレン酸の選択が、
どんなに重要であるかわかってもらえることと思う。

 

 

αリノレン酸を無視した食生活

ひるがえって、私たちの周りの食品を見てみると、
リノール酸の多い食品がたくさんある一方、
αリノレン酸系列の食品も多く存在している。

そこで、どのような食品を選ぶかによって、
摂取するリノール酸とαリノレン酸のバランスが変わってくる。

 

ところが恐ろしいことに、
リノール酸が健康に良いと信じたばかりに、
私たちの身の回りの食品は、
リノール酸偏重の道を突き進んでいる。

特に子供たちの食べ物の好みが変わって、
必須脂肪酸バランスが悪くなっている。

これがアレルギーやガン、心筋梗塞、高血圧など、
多くの慢性疾患の患者を増やしているひとつの要因である。

 

「リノール酸とりすぎ症候群」となっていないか、
一度、自身の食生活を見つめ直して欲しい。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク