正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレルギー反応を起こしてしまう一般的な原因

sponsored link

アレルギーとは簡単に言えば、
「異常な」免疫反応のことである。

つまり、ほとんどの人にとって有害な物質に
免疫系が不都合な反応をする場合をアレルギーという。

古典的なアレルギーには、
「プログラムされた」免疫反応が関係する。

 

触れたり、食べたりすることによって、
アレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)が
アレルギー体質の人の体内に入ると、
その人の免疫系はプログラムされ、
その物質が再び体内に入ったときに反応するようになる。

アレルギー症状の重さは、
この反応がどれくらい強いのかによって決まる。

 

 

粘膜や皮膚という壁

最前線で体を外界の敵から守ってくれているのが、
皮膚や消化管の内側を覆う上皮、
そして気道、口、耳、眼窩、尿路、肛門、膣の粘膜である。

これらの粘膜や皮膚は切れ目のない物理的障壁として、
異物を寄せ付けないようにしている。

 

過敏な人にアレルギー反応が起こるのは、
次のような場合である。

・花粉、ダニ、動物の毛、剥がれ落ちた皮膚など、
普通の人にとって何でもない化学物質や異物に対して、
表面の膜が過敏に反応し、
触れた部分に過敏症状や炎症が起こる場合。

・異物が障壁を突破した場合。例えば、
虫の毒針が皮膚を貫通した時や、
ある種の食物タンパク質が
消化管の障壁を通り抜けて血流へ入るとき。

 

 

アナフィラキシーと自己免疫疾患

私たちの体は、絶えずチェック機構を働かせ、
体内のバランスを維持しながら、
次々に起こる外界からの攻撃に対処している。

通常は体の防御機構が免疫系を上手に抑え、
免疫反応が暴走して重大なダメージに
繋がることがないようにしている。

 

けれども、抑制が効かなくなってしまったら、
命に関わることもある。

例えば、ピーナッツアレルギーの人が
ピーナッツを食べたために、気道が膨れ上がって、
ふさがれてしまうような深刻な事態も起こり得る。

このような反応をアナフィラキシーという。

 

また、免疫系がコントロール不能に陥ると、
自己免疫疾患という病気になることもある。

慢性関節リウマチは、そうした病気の一つで、
免疫系が関節の組織を攻撃するために、
炎症や関節の障害が起こる。

 

 

免疫系とアレルギー

免疫系は異物による攻撃から、
私たちの体を守る防御機構である。

たとえて言うなら、
常に体内をパトロールして侵入者を見つけ出し、
目印をつけて、相手を破壊し、
処分してくれる軍隊のようなものといえる。

 

免疫系は次のようなものに反応する。

・花粉などの刺激となる可能性のある粒子。
・粉末洗剤など刺激となる可能性のある化学物質。
・十分に消化されずに腸管壁を通り抜けた食物粒子。
・最近、ウィルス、寄生虫。
・不要になってもまだ残っている死んだ細胞。
・変異したガン細胞。
(コントロールできなくなる前に、破壊しなくてはならない)

 

 

腸内細菌

免疫系が一連の防御機構を
働かせる必要があるかどうかを決めるためには、
まず「侵入者」を識別しなくてはならない。

つまり、敵と味方を区別するということ。

 

これは通常、抗原の表面にあるタンパク質の配置や
特別な化学物質を認識することによって行われる。

抗原とは、簡単に言えば、
免疫系を刺激して反応を引き出す物質のことである。

 

例えば、とても危険な細菌、
サルモネラ菌の表面にあるマーカーは、
善玉菌である乳酸菌のものとは全く違う。

乳酸菌は私達の腸に住み着いている腸内細菌で、
健康のためにいろいろな点で役立ってくれる。

 

サルモネラ菌は見つけ出して破壊しなくてはならないが、
善玉菌の方は腸内で繁殖してもらわなくては困ってしまう。

抗原がアレルギー反応を引き起こす場合、
その抗原はアレルゲンと呼ばれる。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク