正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

”アルカリイオン水”はただの愛称であり深い意味はない

sponsored link

「アルカリイオン水」とは、メーカーがつけた愛称である。

現代社会では、イメージが大切である。

商品名はもちろん、
社名ですらイメージを大切にする時代なのである。

イメージを大切にして社名変更する上場企業も珍しくはない。

 

水の世界でも「ミネラルウォーター」という代表的存在がある。

世の中の人は、
この水が「ミネラルたっぷり」と信じているはずである。

しかし実際のところ、
水道水にもミネラルが適度に溶け込んでいる。

だが水道水を、ミネラルウォーターと呼ぶ者はいない。

 

「〇〇のおいしい水」というと、
あたかも〇〇でいま、取水された水のように想像される。

しかし、洞窟の中や川のせせらぎの横で、
取水してペットボトル詰めするのを見たことはないことだろう。

なぜなら、水の販売には殺菌効果が条件となっているためである。

殺菌は現地ではできない。

それに、どういう基準でおいしいと決めたか表示されていない。

 

 

「アルカリイオン水」も同様であり、イメージを大切にしている。

ところが、頭をもたげると叩きたくなるのが人間共通の習性である。

特に、平成4年後半、公的機関からも叩かれた。

これは「アルカリとアルカリ性」
「酸と酸性」の捉え方の違いに端を発している。

 

栄養学の専門家は、「アルカリと酸」から判定を下す。

しかし、医師やその他の専門家まで
「アルカリと酸」で判定を下すようになったのだ。

 

酸と酸性の違い

「酸性」とは、酸の持つ基本的性質のことで、
水素イオン(H+)の割合をpH0~7で表現する。

これに対して「酸」は、水の中でH+を遊離できるものや、
塩基を中和して塩を作る酸性物質のことで、
結果としてpH0~7を示す。

 

アルカリとアルカリ性び違い

「アルカリ性」とは、アルカリの持つ基本的性質のことで、
水素イオンpH7~14で表現する。

「アルカリ」は、水に解けてOH-を出す水酸化物や
酸を中和して塩を作る塩基性物質のことで、
結果としてpH7~14を示す。

 

しかし、どちらも結果は同じである。

ここが専門家の落とし穴のようである。

専門家は、水そのものを軽視し、
水に含まれているものが出した結果しか見ない。

 

私は皆さんに、水そのものを見てほしいのである。

そうしないと
「水になにがどれくらい含まれているか」、
こればっかりが論争の対象となるからである。

そして、アルカリ性というとすぐ、
アルカリ性を示す物質がたくさん入っていて身体を害するとか、
胃酸を中和するなどのコメントが出てくる。

これを権威ある大学教授や医師や各分野の専門家が、
信用と影響力が絶大なテレビや新聞や写真などで
コメントするわけなので、世間が大混乱する。

 

「アルカリイオン水」というイメージ表現に、
問題はあったのである。

繰り返し言うが、これはあくまでも愛称にすぎないのである。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク