正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルカリイオン水の効果~豚が健康になり肉の質が上がる

sponsored link

北海道の当別という厳しい環境の中で、
養豚業を営んでいる方のアルカリイオン水に関する
興味深い話があるので、今回紹介することにする。

 

豚にアルカリイオン水を与えたところ

その養豚場では、600頭の豚を飼育しているのだが、
ギリギリのところでやっているというのが現状である。

養豚業者には、お米のような保証はない。

時には、相場の関係で損をして売ることも少なくない。

だからこそ良い豚肉をつくり、競争に勝ち残らなくてはならない。

 

良い豚肉づくりは、
健康な母豚が健康な子豚を産むところから始まる。

豚は、114~115日の妊娠期間を経て、
年2、3回のお産をする。

お産は夜間から深夜に8割が集中し、寝不足になりがち。

「人が起きている時間に産んで欲しい」と思うがそうはいかない。

かといって、安全な豚肉にこだわる以上、
分娩促進剤で日中に産ませるなど断じてできない。

 

こうして生まれた子豚は、だいたい1年で母豚になる。

アルカリイオン水は、
良い豚肉づくりに大いに貢献してくれている。

以下に、豚に対するアルカリイオン水の効果を列挙しておく。

 

目に見えて発育が良くなった

以前と比較して発育が早く、生育状態もよくなった。

通常の出荷月齢は6~7ヶ月であり、
5ヶ月でも出荷できるが、肉は熟成していない。

人間でも13歳か14歳でブクブク太って体型だけ良くても、
大人でないのと同じである。

 

豚肉は以前は210日ぐらいが美味しかったのだが、
アルカリイオン水を使用してからは、
200日ぐらいで十分熟成する。

経済的には早期に出荷したいのが心情だが、
おいしい豚肉にこだわるため、
熟成するまで待つことにしている。

 

豚舎のにおいが非常に薄くなった

通常、豚舎といえば「臭い」イメージがあるだろう。

しかし、アルカリイオン水を使用することで、
豚舎特有のツンと鼻を刺すにおいはなくなった。

これは、豚が健康である証明である。

健康なので尿や糞の臭いは薄く、
豚舎も清潔になるということである。

 

アクが出なくなった

焼いてステーキにしたり鍋で煮込んだ場合、
豚肉はアクが出て当たり前である。

そのため高級なお店では、
アクをすくう係の人がいるはずである。

しかし、アルカリイオン水で育てた豚肉ではアクが出ない。

聞くところによると、健康な細胞ではアクが出ないそうである。

つまりこのことは、アルカリイオン水を飲んで
豚が健康になったことの証明である。

 

その他、消費者からの声

・嫌な肉の臭みがない。
・肉を焼いた後も柔らかい。
・包丁が簡単に中まで通る。
・霜降りがきれいに出ている。
・脂肪にも甘みがあり、とても柔らかくおいしい。

このように、アルカリイオンの効果が随所で出ている。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク