正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルカリイオン水は妊娠・婦人科系の症状に効果的

sponsored link

「アルカリイオン水」を妊娠中から飲んでいれば、
どのようになるだろうか。

「つわり」もひどくなると西洋医学では点滴をして、
直接体内に水を補給して治療することがある。

クラスターの小さな「水」なら、普通の水を受け付けなくても、
容易に体内に吸収されることになる。

つまり、経口でも点滴と同等の効果が得られるのである。

したがって、この「水」を最初から飲んでいれば
「つわり」もひどくならないようである。

 

「切迫流早産」や「妊娠中毒症」でも
「水」の偏在がきっかけになっていることが多く、
クラスターの小さな「水」は「水」の偏在を予防するのに
うってつけではないかと思われる。

 

また、「水」のめぐりもよければ、
「気」や「血」のめぐりもよくなるのではないかと考えられる。

西洋医学だけでなく、漢方薬という手段もあるので、
「水」に起因する主だった妊娠中の異常の予防には、
「水」を使うことによりほぼ完璧だというのは言い過ぎだろうか。

もちろん、バランスのとれた食事や
規則正しい生活が基本にあるのはいうまでもない。

 

 

アルカリイオン水が有効な婦人科の領域

婦人科の領域についてもう少し考えておこう。

女性の皆さんが最もよく悩まれている「冷え症」も、
漢方の世界では「血」や「水」の病ととらえることにより
簡単に解決することがある。

 

特に便がやわらかかったり、
冷たいものを食べたり飲んだりすると下痢しやすい体質の人は
「アルカリイオン水」と人参湯を基本にして、
まず胃腸の調子を整える。

そして、体質に応じて「冷え症」を改善する漢方薬を併用すると、
速やかに症状が改善するのである。

東洋医学ではまず、エネルギーや水の入口である
胃腸の機能を優先して治療にあたる。

胃腸を健康にして初めて、
その他の臓器の異常も治ると考える。

 

女性に多い「便秘症」もよくよく見てみると、
「腰痛」や「冷え症」、さらには
「月経痛」の原因になっていることが多いようである。

 

「風邪は万病のもと」と昔からよくいわれているが、
「下痢や便秘は万病のもと」と言い換える方が
適切ではないかと思われる。

 

そう考えてくると、「アルカリイオン水」が胃腸障害に効用があることを
慎重な厚生労働省も認めているだけでなく、
理屈として小さな水が生命にとってよいということが
明らかになってきた現在、
なにもためらうことなく日常の料理に使ったりする水として、
とりあえず使用してみることが健康の維持や
いろいろな体の悩みの改善につながるのではないかと思っている。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク