正しい健康知識を身につけ、豊かな人生を送る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

緑黄色野菜のβカロチンには抗ガン作用の効果あり

sponsored link

緑黄色野菜というのはホウレン草やニンジン、
カボチャなどのように、
中まで緑や黄色などの色の濃い野菜で、
可食部(食べられる部分)100グラム中βカロチンの含有量が
600マイクログラム以上のものをいい、
ナスやキュウリのように
表面だけ色づいてるものは淡色野菜という。

 

この緑黄色野菜と淡色野菜の成分を平均値で比較すると、
緑黄色野菜には100グラム中βカロチンが淡色野菜の50倍、
ビタミン B1は1.5倍、ビタミン B2は4.5倍、
ビタミン C は2.5倍、カルシウムは3倍、鉄分は5倍、
このほか葉緑素や繊維質など健康維持に必要な栄養素が
豊富に含まれているのが特徴である。

 

 

βカロチンの抗ガン作用

緑黄色野菜は、カラダの毒消しを行うことで知られている。

それは、緑黄色野菜に多量に含まれているβカロチン、
ビタミン C、ビタミン E に、
それぞれ抗ガン作用があるからである。

 

βカロチンがなぜ発ガンを抑えるのかというと、
βカロチンには発ガンの促進と関連を持つ、
体内のある種の酸化反応を防止する作用があり、
これがガンを抑えているのではないかと考えられている。

 

 

ビタミン C、ビタミン E の抗ガン作用

βカロチンのほか、緑黄色野菜に多いビタミン C や
ビタミンEにも、抗ガン作用のあることが知られている。

 

例えば、日本人に多い胃ガンの有力原因である発ガン物質に、
ニトロソアミンがある。

これはハム、ソーセージなどの
発色剤として使われている亜硝酸塩に、
二級アミン(魚などに含まれている窒素化合物の一種)が
胃の中でいっしょになってできる発ガン物質である。

普段このように胃袋の中では、
発ガン物質が自家製造されている。

 

ところが幸いなことに、ビタミン C には、
アミンからニトロソアミンになる反応を
阻害する働きがあり、完全に抑制する。

つまり、ビタミン C は亜硝酸を還元して、
アミンと反応する性質を失わせてしまうのである。

このような働きはビタミン E にもある。

 

となると、「ビタミン C とビタミン E はどちらがよいか」
という疑問がでてくるだろう。

これについて国立ガンセンターは、
「ビタミン E のほうが有効」だと述べている。

 

ビタミン C は水溶性、ビタミン E は脂溶性である。

ニトロソ化反応は、
生体の脂肪の多い条件下で起こることがある。

なのでその時はビタミン C より、
脂溶性の抗酸化作用のあるビタミン E のほうが、
より効果的というわけである。

 

 

ビタミンEの抗酸化作用

ビタミン E の抗酸化作用について、
簡単に説明しておく。

 

食物油や魚油を放置しておくと、
腐って濁り、毒性を持ってくる。

これは脂肪の中の不飽和脂肪酸(リノール酸など)
が酸化されたもので、過酸化脂質と呼ばれている。

過酸化脂質はかなり有毒物質で、動脈硬化、
糖尿病、ガンの原因とされている。

 

その点ビタミン E は、
サビ止め効果で酸化を防ぐ作用を持つため、
ガンの予防に効くというわけである。

 

 

調理済み食品とその栄養価

このように緑黄色野菜には、
抗ガン作用を持ったビタミンが豊富に含まれている。

また、カルシウムや鉄分などのミネラルも豊富。

 

しかし最近では、ちょっと温めたり、解凍するだけで
すぐに食べられる調理済み食品の利用が高まっている。

調理済み食品の利用度の低い家庭の栄養状態をみると、
エネルギー、タンパク質、鉄分、ビタミン B1、
ビタミン C は必要量を満たしており、
カルシウム、ビタミンA、ビタミンB2もほぼ満足できる状態である。

一方、調理済み食品の利用度の高い家庭では、
カルシウム、ビタミン A、ビタミン B2の摂取量は、
必要量の80%前後にしか達していない。

 

何事によらず、今は文明の時代で、家庭の台所も冷凍冷蔵庫、
電子レンジの普及で、食事は調理済み食品に頼る、
手抜き料理でそこそこに済ます、
といった傾向が強くなっているようである。

関連記事

ブログを書いている人


profile

トモ(30代半ば♂)

20代後半からボディセラピストとして活動。様々な健康学をシェアするため、当ブログを始める。

しかし30代で自らが皮膚病を患い、医者も治すことができず苦しめられる。その後、ある型破りの長寿健康法に出会い実践したところ、3ヶ月後にほぼ完治。

現在は、このブログ内で書かれているような断片的な知識は全て捨て、その希少でシンプルな世界唯一の長寿健康法のみを学び実践することで、風邪さえも無縁な健康生活を送っている。


スポンサードリンク